ニュース カテゴリー記事一覧

根井理事長 新年のご挨拶

皆様、お健やかに新年をお迎えのことと存じます。

平成24年4月に、当協会は一般財団法人へ移行しました。

急ぎ準備しました新法対策には、実施の段階で種々不具合が見出され、その対応に追われてきましたが、ようやくほぼ解決しました。

ところで、日台間の関係が大変良好なことは皆様ご認識の通りで、誠に喜ばしい事と思います。これはひとえに、関係者各位の永年のご努力の賜物と感謝致しております。

この異常なほど良好な日台関係を、維持するのみならず、更に深化させていくのが、当協会の本年度の主要事業です。

多くの友誼団体が取り進めておられます色々な事業を見ていますと、立派なものが多い中で、多額の経費と時間をかけている割には、台湾の方に大して喜ばれていないものも散見されます。

日台間の親善・友好を検討し実施するに当たり、日本に住んでいる日本人だけでそれを行うには、どうしても限界があるように思えます。

そこで当協会は、昨年、63年の歴史始まって以来の試みとして、台湾在住の台湾の方で、勿論日本の方でも、当協会の趣旨に賛同し、然るべき方のご紹介があれば、入会頂ける事としました。

昨年八月に、日本語を自由に使っておられる台湾歌壇、台北俳句会、台湾川柳会、台湾高座台日交流協会、友愛グループの代表の方々に、ご挨拶と当協会のご説明をして参りました。

皆様には、よく私共の趣旨をご理解頂き、既に30人以上の方が入会下さいました。

このように、昨年が特別な年となった事を記念して、これも当協会の歴史上初めての事ですが、永年日台の友好にご貢献なさっておられます蔡焜燦先生と許文龍先生に、当協会から感謝状を贈呈しました。

交流協会や日本人会等の多くの方にご参列頂きました会場で、感謝状を差し上げる事が出来ましたのは、私共の喜びとするところであります。

今年は、新規に会員になって頂いた方にも喜んでいただける様な、充実した協会の運営を心掛けて参る所存です。

皆様のご支援とご鞭撻を下さいます様お願い申し上げる次第です。

最後になりましたが、本年が皆様にとって良い年であります様祈念申し上げ、年頭のご挨拶と致します。


年末年始休業のお知らせ

12月28日(土)から1月5日(日)迄休業いたします。

12月27日(金)迄と1月6日(月)からは通常どおり業務を行っていますので、

どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。


劉心心氏から福島県への義捐金贈呈

劉心心氏からお預かりした義捐金30万円を福島県東京事務所に代理贈呈致しました。
(台湾協会報 平成25年12月号に記事掲載)


日 時:
平成25年11月29日(金)午前11時〜12時
場 所: 福島県東京事務所
応接者: (福島県東京事務所)飯塚俊二所長、國分透主任
訪問者: (台湾協会)根井洌理事長、森田高光常務理事

台湾への感謝状贈呈式

燦焜燦氏と許文龍氏に対する感謝状贈呈式並びに懇親会を下記の通り執り行いました。
(台湾協会報 平成25年12月号に記事掲載)

燦焜燦氏

日 時:
平成25年11月16日(土) 午前11時~午後2時
場 所: 台北國賓大飯
参加者: 燦焜燦氏ご夫妻
(交流協会台北事務所)小松康人主任
(台湾日本人会)荒牧直樹理事長、山本幸男総幹事
(高雄日本人会)高橋克己会長
羅福全元亜東関係協会理事長ご夫妻
李雪峰氏
(台湾歌壇)曽昭烈氏、黄教子氏、荘進源氏、鄭昌氏、陳姿菁氏、黄伯超氏、劉心心氏
(自由時報)呉阿明社長
(台湾協会)根井洌理事長、森田高光常務理事、中村信子理事
贈呈式: 根井理事長より燦焜燦氏に感謝状と記念品が贈呈されました。
感謝状文: 貴台に「日本人よ胸を張りなさい!」と励まして頂いた日本人は幅広い分野において数限りありません また台湾歌壇の代表者として美しい日本語を用いた心打たれる短歌を台湾の方々にご指導頂いております 特に東日本大震災に際しての台湾歌壇の皆様の心の籠った作品に多くの日本人は感涙を禁じ得ませんでした 日台友好の促進にご尽力下さいました結果台湾関係者に深い感銘と勇気を与えて頂きました
ここに貴台の功績を顕彰し感謝の意を表します



平成25年11月16日
一般財団法人 台湾協会
理事長 根井 洌


許文龍氏

日 時:
平成25年11月19日(火) 午後6時30分~8時30分
場 所: 台南許文龍氏ご自宅
参加者: 許文龍氏
(日本交流協会高雄事務所)中村隆幸所長、山口幸文副所長
(高雄日本人会)高橋克己会長
(奇美文化基金会)石榮堯氏、許富吉氏、石麗蘭氏、李南楚氏
(台湾協会)根井洌理事長、森田高光常務理事、中村信子理事
贈呈式: 根井理事長より許文龍氏に感謝状と記念品が贈呈されました。
感謝状文: 貴台は戦後の台湾の歪められた歴史観を是正して日本と日本人を正しく評価し日本人に自信と誇りを取り戻すことを促して下さいました 経済界においては多くの日本企業と親密な関係を樹立されることにより日台親善に多大の成果を上げて頂きました また台湾の発展に貢献した多くの日本人の胸像をその人物とゆかりのある場所や施設などに寄贈して下さいました その結果その人物を台湾の若い世代のみならず多くの日本人にも知らしめて頂く事により日台相互理解促進の実を挙げ台湾関係者に深い感銘と勇気を与えて下さいました
ここに貴台の功績を顕彰し感謝の意を表します



平成25年11月19日
一般財団法人 台湾協会
理事長 根井 洌


第52回台湾における日本人物故者慰霊祭催行

第52回台湾における日本人物故者慰霊祭は下記の通り、台北、台中、高雄の3場所にて執り行われました。
(台湾協会報 平成25年12月号に記事掲載)

台北

日 時:
平成24年11月18日(月) 午前9時~10時30分
場 所: 台北市第一殯儀館

参加者: (台湾日本人会)荒牧直樹理事長、山本幸男総幹事他
(交流協会台北事務所)樽井澄夫代表他
(台湾協会)根井洌理事長、森田高光常務理事、中村信子理事
(本門佛立宗)田村道宗宗務本庁代表、高須日良導師、僧侶、信者
台北日本人学校教師、生徒他多数


台中

日 時:
平成24年11月18日(月) 午後2時30分~4時
場 所: 寶覺禅寺

参加者: (台湾日本人会)荒牧直樹理事長、山本幸男総幹事他
(交流協会台北事務所)佐味祐介副代表他
(台湾協会)根井洌理事長、森田高光常務理事、中村信子理事
(本門佛立宗)田村道宗宗務本庁代表、高須日良導師、僧侶、信者
何春樹台湾高座台日交流協会副理事長、台中日本人学校教師、生徒他多数


高雄

日 時:
平成24年11月20日(水) 午前9時30分~11時
場 所: 高雄市覆鼎金公墓

参加者: (高雄日本人会)高橋克己会長他
(交流協会高雄事務所)中村隆幸所長他
(台湾協会)根井洌理事長、森田高光常務理事、中村信子理事
(本門佛立宗)田村道宗宗務本庁代表、高須日良導師、僧侶、信者
高雄日本人学校教師、生徒他多数

国立台湾図書館からの来訪

下記の通り国立台湾図書館から来訪されました。
(台湾協会報 平成25年12月号に記事掲載)


日 時:
平成25年11月7日(木)午前10時〜12時
場 所: 台湾協会会議室
目 的: 国立台湾図書館が来年開館90周年を迎えるに当たり、日本時代の「総督府図書館」に
関する文物や情報の収に関する協力の要請
来訪者: 李 玉瑾 主任、蔡 蕙頻 助理
応接者: 根井理事長、森田常務理事、河原理事
お願い: 「台湾総督府図書館」に関する資料等をご提供いただける方は、当協会までご一報下さい。

講演会開催

講演会を下記の通り開催致しました。
(台湾協会報 平成25年12月号に記事掲載)


日 時:
平成25年10月28日(月) 午後2時~4時
場 所: 糖業会館2階会議室
演 題: 戦中戦後の台湾少年物語
講 師: 東 俊賢 氏 (立華電子股份有限公司CEO)
参加者: 高座日台の会野口毅名誉会長や佐野た香会長、高座日台交流の会
石川公弘会長など関係者60名以上が参加しました。

第51回台湾関係邦人物故者慰霊法要並びに合祀奉安催行

第51回台湾関係邦人物故者慰霊法要並びに懇親会は下記の通り執り行われました。
(台湾協会報 平成25年11月号に記事掲載)


日 時:
平成25年10月5日(土)午後0時~2時
場 所: 築地本願寺本堂並びに瑞宝の間
慰霊祭と
懇親会:
当日は雨天のため午前11時より予定されていた慰霊塔前での読経は中止となりました。
午後0時より本堂において松澤理事の司会のもと法要が営まれました。根井理事長による追悼の辞の後、五楽人により雅楽が奏でられ、藤井純惠導師の読経の中、参列者は焼香して故人の遺徳を偲び冥福をお祈りしました。ついで会場を「瑞宝の間」に移し、「合祀の証」のお渡しの後、園部評議員会会長のご挨拶、ご発声で献杯があり、和やかに懇親会が行われ午後2時過ぎ散会しました。
根井理事長
追悼の辞:
本日ここに第五十一回台湾関係物故者慰霊法要を行うに当たり、謹んで御霊前に追悼の辞を申し上げます。
本年は戦後六十八年を経過し、台湾における日本時代は遠い過去のこととなりましたが、日本と台湾との関係は、経済的、文化的交流の進展、或いは各種団体同士の提携、個人的友情の深まり等に見られる様に、益々その成果が上がっております。
特に最近、領土問題やその他の問題等が生じている隣国がある中、従来と同様の友好関係を維持している台湾に対し、特に東日本大震災以降、改めて親近感をもち、益々強い絆を感じるようになっていることをご報告したいと存じます。
このような関係は他に例をみないものであり、この有難い関係は、先輩各位が嘗て台湾の地において幾多の困難を克服しつつ、台湾のために尽力され、台湾の方々との間に親密な人間関係を築くことに努力されたからこそ齎されたものでありましょう。私共台湾協会の会員は、先輩各位が台湾で果たされた偉大なご貢献に対し深甚なる感謝の意を表します。
思い起こせば、昭和三十六年、台湾に残された日本人墓地の整理と共に、台北、台中、および高雄の地に遺骨安置所が設置されましたが、その機会にご遺骨の一部を分骨して日本に持ち帰り慰霊塔を建立したいとの要望が起こり、築地本願寺のご好意と当時の関係者の多大のご努力により、昭和三十八年に現在の慰霊塔が完成しました。爾来、その慰霊塔の管理とここ築地本願寺において法要を営むことは台湾協会の役割として重要なものとなりました。
その後も台湾関係者の新たなご遺骨をお迎えし、また、ご遺族のご要望による合祀もあり、この地で多くの御霊に安んじてお休み頂いている次第です。
今後とも毎年此処で追悼法要を行い、また、台湾での慰霊祭には台湾協会の代表者が参列することを協会の大切な行事として続けて参りたいと存じます。
終わりに、重ねて御霊のご冥福をお祈りするとともに、ご遺志を体し、更に一層日台友好親善を深める努力をするとともに、台湾関係者の親睦を促進することをお誓い申し上げ追悼の辞と致します。



平成25年10月5日
一般財団法人 台湾協会
理事長 根井 洌


講演会の開催

講演会を下記により開催します。

日 時:
平成25年10月28日(月)
場 所: 糖業会館2階会議室(千代田区有楽町1-9-3)
JR有楽町駅下車・日比谷口より徒歩3分
地下鉄日比谷駅下車・B1出口を出て道を挟んで斜め向かい
演 題: 戦中戦後の台湾少年物語
講 師: 東 俊賢 氏
(台南市末広国民学校卒、海軍台湾少年工に志願、横須賀海軍航空技術廠に配属、
戦後、台南師範学校卒業後、教師生活を経て電子製品の開発・製造会社を設立)
参加費: 無料(ご出席の方は10月18日までに下記へお申込み下さい。)
申込先: 一般財団法人台湾協会
(TEL 03-3200-8116,FAX 03-3200-8180)
なお、当日は事務所を閉鎖するため図書等の閲覧はできません。

台湾在住者の会員募集

台湾在住者の会員募集にあたり、台湾で会費の納付ができるように下記の銀行口座を開設しました。
日商瑞穂銀行台北分行 帳號001-001-0052411-5 一般財團法人台灣協會 根井 洌


Page 5 of 7« First...34567