平成29年10月14日(土) 松本 充豊 氏  講演会開催のご案内

台湾協会主催の講演会を下記の通り開催します。奮ってご参加ください。

日 時:
平成29年10月14日(土) 午後2時-4時
   
場 所: 新宿文化センター4F 第1会議室 (新宿区新宿6-14-1)
都営大江戸線、東京メトロ副都心線 東新宿駅下車 A3出口より徒歩5分
   
演 題: 「台湾と中国ーその現状と展望」

台湾で3度目の政権交代が起こり、民進党の蔡英文政権が誕生してから一年あまりが過ぎました。
この間、中国との関係では現状維持を掲げながらも、「一つの中国」の立場を受け入れない
蔡英文政権に対して、中国は対話を拒否するなど圧力を強めています。
中国では共産党の第19回党大会を今秋に控え、台湾に対する習近平政権の今後の出方が注目されます。
そうした台湾と中国の関係について、これまでの動きを米国も視野に入れつつ振り返りながら、その現状と展望を考えてみたいと思います。 

   
講 師: 松本 充豊 氏
1969年、京都市生まれ。1994年東京外国語大学外国語学部中国語学科卒業、
2001年神戸大学大学院国際協力研究科博士後期課程修了(博士(政治学))。
神戸大学大学院助手、天理大学教授などを経て、15年より現職。
この間、国立台湾大学政治学研究所、同国家発展研究所、中央研究院政治学研究所にて客員研究員。
著書に『中国国民党「党営事業」の研究』(アジア政経学会)、
共著に『現代台湾政治を読み解く』(研文出版)など。
   
参加費: 無料 
(出席希望の方は9月29日(金)までに、はがき・電話・FAXでお申込みください。)
定員60名になり次第締切らせていただきます。
   
申込先: 一般財団法人台湾協会
TEL/03-3200-8116
FAX/03-3200-8180