創立70周年記念シンポジウム「台湾人と日本人」~公衆衛生からコロナ対策まで~

日本統治時代から現代に至る台湾発展や公衆衛生向上に貢献した台日人材に焦点を当て、時代背景、精神性、共通点や相違点に関して台湾通の有識者によるパネルディスカッション方式で掘り下げ、今後の持続的な日台関係の在り方について議論を行います。

 なお、当日は御来場者の距離を確保するため、定員の半分の先着申込100名様限定とさせて頂きますのでご了承ください。

 また、会場内ではマスクの着用をお願い申し上げます。

                      記

日 時:令和2年10月24日(土)

    13時30分~15時30分(開場 12時30分)

場 所:サンケイホール3F

    (地下鉄大手町駅E1出口直結)

登壇者:パネリスト 

    渡辺利夫 拓殖大学学事顧問

    河崎眞澄 産経新聞論説委員兼編集委員

    河原 功 台湾協会参与

    モデレーター

    小椋 和平 台湾協会理事長

 

後 援 台北駐日経済文化代表処 公益財団法人日本台湾交流協会

申 込 電話、FAX、はがき、Eメール

    ☎03-3200-8116 

    FAX03-3200-8180

    taiwankyoukai5@tune.ocn.ne.jp 

 

台湾協会事務局へ109日(金)までにお申し込みください。