令和3年5月22日 関西での講演会開催のご案内

台湾協会は、「日本と台湾を考える集い」の協力を得て、下記の通り講演会を開催します。奮って ご参加下さい。                                                                                                                日 時:令和3年5月22日(土)午後1時30分~3時30分  (受付開始 午後1時)                                                                                                                  場 所:OCATビル4階  大阪市立難波市民学習センター講堂(大阪市浪速区湊町1丁目4番1号)   

演 題:「李登輝元総統と松下幸之助」                                                                                                                 台湾を民主化に導いた李登輝元総統、一代で松下電器産業を築き上げ「経営の神様」と 呼ば                  れた松下幸之助。生まれた時代、活躍した場所は異なるが、二人に共通しているのは強烈な                    個性とそれを裏付ける確固たる哲学 を持っていたこと である。二人は、いわば神の目線から                  見つめて物事を判断していた。講演では、李登輝元総統と最後に面談した日本人であり、                        松下 幸之助の側で23年間過ごした江口氏の目を通した二人を取り上げます。

講 師:江口 克彦氏 (一般財団法人東アジア情勢研究会理事長、台北駐日経済文化代表処顧問)     昭和15年名古屋市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。 松下電器産業株式会社(現・                 Panasonic)入社。PHP総合研究所に異動、松下幸之助に直接仕えながらその思想を学ぶ。                 李登輝元総統とは30年来の付合いがあり、最も親しかった日本人 の一人。PHP総合研究所               社長、参議院議員、 松下電器産業理事、経済同友会幹事、内閣官房道州制 ビジョン懇談会                     座長、内閣総理大臣諮問機関経済審議会構造改革 推進部会部会長代理、立命館大学客員教授、              大阪大学大学院客員教授等を歴任。旭日中綬章、台湾紫色大綬景星勲章受章。 著書に『松下                  幸之助はなぜ成功したのか』『ひとことの力』『凡々たる非凡』ほか。

参加費:台湾協会会員:無料、 一般:1,000円、 学生:500円

申込先:5月14日(金)までに、はがき・電話またはFAXで台湾協会まで。                                                         ☎03-3200-8116、FAX03-3200-8180、                                                                           または、近藤和雄まで ☎070-5548-1703まで。                                                                   インターネットでの申込みの場合 https://kokucheese.com/event/index/609178/                尚、定員80名になり次第締切らせていただきます。                            (※コロナ対策の為、マスクを必ずご着用頂き、当日発熱や咳の症状がある方、体調がすぐれない方は参加をご遠慮頂けますようお願い致します。)