台湾近代美術発展に人生を捧げた塩月桃甫                           ドキュメンタリー映画東京試写会のご案内

拝啓 春暖の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。また平素より、当協会の活動にご支援を賜り誠に有難うございます。
さて、このたび当協会は本映画の公開に先立ち、東京での試写会を主催する運びとなりました。1921年に図画教師として台湾に赴任した塩月桃甫は、台湾の自然風土や原住民の野生美に魅せられ、官展を主導し台湾近代美術の発展に尽くしましたが、日本の敗戦で運命は一変、貧窮に喘ぐなか1954年に他界しました。ひたすら台湾を愛し、激動の時代を駆け抜けた塩月桃甫の愛と悲しみに思いを寄せていただき、本映画をとおして日本と台湾との文化交流が益々促進されますよう心から願ってやみません。
目下、コロナ禍ではありますが、ソーシャルディスタンスを保ち、感染対策には万全を期して開催します。
                                       敬具
                   記
日時:2021年6月6日(日曜日)
会場:大手町サンケイプラザ 3階の301、302号室 東京都千代田区大手町1-7-2
上映時間:第1回=午後1時~  第2回=午後3時~
アクセス:丸ノ内線、半蔵門線、千代田線、東西線、都営三田線大手町駅E1・A4出口直結
東京駅 丸の内北口より7分                                                                                                       申し込み:メール又は電話で御希望の上映回を明示の上台湾協会にお申し込みください。                                                                                台湾協会メール番号:taiwankyoukai6@snow.ocn.ne.jp 同電話番号:(03)3200-8116                                                                             *台湾協会会員は4月28日(水)より、一般の方は5月10日(月)より申し込み受付を開始致します。                                                                     *各回80名で締切らせていただきます。                                                                                                   *入場は無料です。                                                                                                                    *会場ではマスクの着用をお願いします。                                                                                                    *体調のすぐれない方はご来場をお控えください。 塩月桃甫画像